15810階段下のメタリックな開放スペースが、自分の趣味の基地〈東京都 S邸〉|小さな秘密基地の造り方

階段下のメタリックな開放スペースが、自分の趣味の基地〈東京都 S邸〉|小さな秘密基地の造り方

編集部
デッドスペースとなりがちな階段下のスペース。一見使いづらそうなこの空間は、ちょっとした秘密基地にピッタリだ。玄関とコンクリートの土間続きにすることで十分なスペースを確保し、仕事と趣味の空間を両立させた秘密基地を紹介する。

この階段下のスペースは、家を設計する際の課題を全て解決している。それはコンパクトな敷地に中庭を造り、そして屋内を広がりのある空間にしたい、という施主Sさんの希望を、設計者と話し合った結果である。

階段下横のスペースもコンクリートの土間続きで仕事場となっている。

この空間に本、フィギュア、ギターなど趣味のものを置き、仕事のスペースもこの階段下に設けることでうまく空間を生かし、念願の自分の基地としている。

さらに玄関とこのスペースをコンクリートの土間でつなぎ、段差をなくしたことでバイクの出し入れができたり、作業ができたりと使い勝手のいい自分の空間となっているという。

玄関から入るとすぐ現れるコンクリートの土間でつながる階段下の趣味空間に施主Sさんは満足している。

【秘密基地造りのPOINT】
1.玄関すぐの階段下の空間を上手く活用。
2.コンクリートやメタルで雰囲気を出す。
3.仕事と趣味の空間を両立させる。

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る